G-Callの欠点とは?

スマートフォンなどの携帯電話から携帯電話相手や固定電話相手に電話をする際の通話料を節約することができるということで、
最近話題になっているのがG-Callというサービスですね。
同様のサービスがいろいろある中で独自のメリットもあったりして人気になっているG-Callですが、
他のサービスと比較して良いところばかりではなく欠点というのもないわけではありません。
これから導入を検討しているのであれば、やはり良いところだけでなく欠点もきちんと把握した上で利用したいですよね。
ではG-Callの欠点とはどこにあるのか、ということですが、
まず通話料の面で言えば、基本的には他のサービスと比較して料金が高いということはないのですが、
国際通話の場合において、相手が固定電話なら安いのですが相手が携帯電話だと050plusなどと比べて高くなります。
具体的にはイギリスやドイツあての場合に固定電話なら1分10円のところ携帯電話相手だと1分30円となります。
同じ条件で050plusなら1分20円、Fusionなら1分16円ですからこれは結構高いですよね。
また、もう一つ欠点として挙げるとすれば、固定電話あいての発信の場合電話番号が通知されず非通知になってしまうという点がありますね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: G-Call パーマリンク

コメントは停止中です。