lineとタイムラグ

無料通話アプリの定番、lineはとても楽しい、という方もいれば、タイムラグがしつこい、という方もいます。この場合のタイムラグとは、通話での遅延のことです。発声から何秒かかったか、などと測る方もいるようですが、やはり3gなどの遅い回線、常に混み合っている回線でlineを使うとひとたまりもない、という方も多いようです。またタイムラグだけであればいいのですが、時々相手の言うことがまったく聞こえなくなることもあります。
友人同士で例えば3メートルの物理的距離で、つまり同じ基地局内での通話を試験したという方もいるようですが、肉声と受話器とのギャップが2秒ある、と不思議に思ったそうです。実際に遠距離で通話をしていていつも不思議に思ったそうですが、やはり測り方としてはかなり妥当です。
タイムラグの要素にも色々ありますが、やはり音声を圧縮したり解凍したりする手間がもっとも大きなオーバーヘッドではないでしょうか。
タイムラグはlineだけの問題ではありませんが、100メガのインターネットの有線の環境で試すと大体のものは使えるレベル、なかなかのものだ、という方も多いようです。またこれでも通話料の節約にはかなり有効でしょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: LINE(ライン) パーマリンク

コメントは停止中です。