ラインはアプリとして危険?

ラインは爆発的人気を持つ通話やトーク、メッセージ用のアプリですが、ある程度の危険は覚悟しておいたほうがいい、という意見も多いようです。
どのような危険なのかというと、まずユーザへの成りすまし、そして受信したメッセージを盗み見されたり、会話、トークも同様に盗み見されたり、履歴を消されてしまう可能性もあります。
ラインはメールアドレスとパスワードを所有している人がアカウントのユーザであると認識されます。またこれはどのようなアプリでも同じことと言えますが、例えばパスワードを変更しようとした場合、現在のパスワードを入力してから新しいものを設定する、というのが一般的ですが、ラインではこの現在のパスワード入力の手間が省かれています。つまり、ラインにログインしていれば、端末を操作できる人であれば誰でもパスワードを変更でき、ラインアプリのアカウントをのっとることができてしまいます。
パスワードの規則もありません。つまり123456、というシンプルで危険性の高いものでも許容されますし、数秒程度あればパスワード変更はできてしまいます。もちろんメールアドレスも目認が可能ですから、ちょっとした隙に、と言う危険性が高いと言えます。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: LINE(ライン) パーマリンク

コメントは停止中です。