ラインのスタンプ、自作

ラインのスタンプは有料のものだけではなく、専用のアプリ、カメラアプリを使用することで自作もできるようです。また自作といっても詳細まで作りこむようなものではなく、写真とフレーム、そしてスタンプを組み合わせる、というタイプのものですが、初心者の方には特にうれしい機能だと言えます。
また最近は他にもアプリがリリースされています。例えばスタンプメーカーというものもありますが、ラインやカカオトーク、WeChatやLOUNGEなどのスタンプを自作できるフリーアプリのようです。このスタンプメーカーには、あらかじめキャラクターが用意されていて、背景などとメッセージのフォントを組み合わせることでオリジナルのメッセージ付きのスタンプが自作できますが、IOS版も登場し、APPSTOREでもかなり人気があるようです。
その他にはLINE Brushという公式のアプリ、お絵かきアプリがあり、これを使用しても画像や写真を使って送信することができるようです。手描きのものも用意したい、という方にもあります。ラクガキでも何でもそのままアプリから送信できるようです。手描きスタンプというものはライン以外のメッセージ用アプリならほとんどで使用できるようです。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: LINE(ライン) パーマリンク

コメントは停止中です。