ソフトバンク、無料通話時間をまたぐ場合

ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンというのは、同じくスマートフォンの携帯電話、スマートフォン同士であれば、一定の時間帯は何時間でも無料通話が可能です。

一定の時間帯というのは1時から21時の間のことで、それ以外の時間帯は料金がかかるということですね。

では、この無料通話の時間をまたぐように通話をした場合は料金はどうなるのでしょうか

無料通話の時間帯に通話を始めれば有料の時間に突入しても大丈夫?と考える方もいるかもしれませんね。

例えば無料の時間帯である20時55分頃から通話を始めて21時をまたぐ通話をした場合、ということですね。

残念ながらこの場合21時を超えた時点で通話料が発生することとなってしまいます。

当然と言えば当然でソフトバンクもそんなに甘くないですよね。

逆に1時前から通話を始めて1時をまたいだという場合はもちろん1時からは無料になるので安心です。

21時をまたぐ場合というのは厳密に言うと21時ジャストから課金されるというわけではありません

実は30秒間はまだ無料で通話が可能です。

というのも通話の課金単位というのが30秒ごとになっているため、21時をまたいで通話をしている場合は30秒まではセーフということですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: softbank(ソフトバンク) タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。